読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伝統的RTS『エイジ オブ エンパイア』がスマホに!最新作『World Domination』のゲームプレイを解説

エイジオブエンパイアシリーズの新作としてKLabが開発する『Age of Empires: World Domination』。長い歴史を持つPC向けの伝統的RTSリアルタイムストラテジー)タイトルとして世界中の多くのユーザーを虜にしてきた本シリーズの最新作が、iOS/Android向けにリリースされます。


◆1997年から刻まれている系譜

Age of Empires』シリーズといえば、プレイヤーが実在した様々な文明を発展・開拓しながら、戦争や同盟を繰り返し、最後は勝利に導いていく、リアルタイムな駆け引きを楽しむオーソドックスなRTSリアルタイムストラテジーゲーム)です。今作『Age of Empires: World Domination』は、RTSだった本家の特徴をソーシャル要素と複合させ、より現代的にしたゲームデザインになっています。


◆充実したチュートリアルで操作が覚えやすい

ゲーム開始後、リーダーがいない間の国をまとめてくれている名もない人物(以下じいや)から、戦闘のチュートリアルを受けます。拠点で兵士を生産し、敵軍と戦い本拠地を崩すまでの流れを、シンプルかつ簡単な操作と説明で習得することができます。本作ではそれぞれの特徴を持った、ブリトン/ケルト/中国/フランク/フン/日本/サラセン/ヴァイキングの8つの文明から自分の指揮する文明を選べますが、選んだ文明は後から変更が可能。ひとまず筆者は昔を懐かしみながらケルトを選びました。

自陣に戻った後は早速じいやから内政の相談をされますが、これももちろんチュートリアル。兵士を待機させる「兵の庭」を建設するように指示され、「急いでるならGEMを使ってもいいのよ?」とのお言葉。強制的にお試しで初期1,000個所持しているGEMを出すことになるかと思いきや、今回のチュートリアルではどれだけ時短してもタダ。時間がかかるから時短しましょう、ともう1回言われてするもタダ。現在開発中のタイトルのため仕様が変わるかもしれませんが、少なくとも今回は、我が国の貴重な時間がじいやのへそくりで賄われていたことがわかりました。


◆ヒーローは世界中の様々な文明で活躍する

一通りの施設を建築した後、ヒーローの登用が必要とのことで、普通のヒーローとプレミアムなヒーローの紹介を受けます。今回出たのはなんと☆3の「服部半蔵」。日本文明があるにも関わらず、ケルトに身売りするとはいい度胸です。上昇パラメーターに特徴が付けられていて、育成要素もあるためかなり奥深いものになりそうです。