読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

“アサシンらしさ”が求められるステルス重視のアクションゲーム「アサシン クリード クロニクル チャイナ」のプレイレポートをお届け

ユービーアイソフトが本日(2015年4月22日)配信を開始した2.5D型アクションゲーム「アサシン クリード クロニクル チャイナ」(PC / PS4 / Xbox One,以下クロニクル チャイナ)は,同社の誇る人気シリーズ「アサシン クリード」の世界観をベースにした作品だ。
 ゲームタイトルは「アサシン クリード クロニクル」で一区切りとなり,チャイナのほか,「インディア」「ロシア」の配信も決定している(時期は未定)。

 クロニクル チャイナは,もともと2014年末にリリースされた「アサシン クリード ユニティ」(PC / PS4 / Xbox One)のシーズンパス購入者向けの特典として発表されたものだが,2015年4月1日に単体で発売されることがアナウンスされている。価格は1400円(税抜)となっており,もちろん前述したシーズンパス購入者であれば,無料でダウンロード可能だ。

 そんなわけで,今回はPlayStation 4版のクロニクル チャイナをプレイしてみたので,同作の世界観やゲームシステムが気になる人はぜひ参考にしてほしい。